コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊感商法 レイカンショウホウ

デジタル大辞泉の解説

れいかん‐しょうほう〔‐シヤウハフ〕【霊感商法】

悪徳商法の一。この品を買えば悪霊が取り除かれる、運が開けるなどと信じ込ませて不当に高額な品を売りつけるやり方。霊視商法開運商法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れいかんしょうほう【霊感商法】

商品やサービスに、あたかも超自然的な霊能力があるかのように思わせて販売する方法。印鑑・数珠・多宝塔などを販売する手法や、浄化の名目で献金させる手法などがある。開運商法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

霊感商法の関連キーワード世界基督教統一神霊協会朝日ジャーナル高島易断伊藤和夫サービス統一教会多宝塔手法数珠印鑑浄化名目霊感

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊感商法の関連情報