コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非ず アラズ

デジタル大辞泉の解説

あら◦ず【非ず】

[連語]
そうではない。違う。「さに―◦ず」
「それとも言ひ、―◦ずとも口々申せば」〈・九〉
打ち消す意で応答するときに言う語。いや、なんでもない。
「いかにと人々聞こゆれば、―◦ずと言ひまぎらはし給へり」〈栄花・浦々の別〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらず【非ず】

( 連語 )
そうではない。違う。 「こぞの夏鳴きふるしてしほととぎすそれか-・ぬか声の変はらぬ/古今
(感動詞的に用いて)相手の言葉を強く打ち消す語。いえ、とんでもない。いいえ。 「あれはたそ顕証けそうにといへば、-・ず、家のあるじと定め申すべきことの侍るなり/枕草子 8
[慣用] 数にも- ・然に- ・無きにしも- ・吾われにも-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非ずの関連情報