非時香菓(読み)トキジクノカクノコノミ

デジタル大辞泉の解説

ときじく‐の‐かくのこのみ【非菓】

《夏から早春枝にあり、香の消えないところから》タチバナの実。
「―を恐(かしこ)くも残し給へれ」〈・四一一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときじくのかくのこのみ【非時香菓】

〔「ときじく」は形容詞「時じ」の連用形。いつも芳香を漂わせる木の実の意〕
タチバナの実の異名。 「 -を求めしめたまひき/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の非時香菓の言及

【田道間守】より

…新羅(しらぎ)国の王子天日槍(あめのひぼこ)の子孫。垂仁天皇はタジマモリを常世国(とこよのくに)に遣わし,非時香菓(ときじくのかくのみ)(時を定めずいつも黄金に輝く木の実)を求めさせた。これを〈橘〉と言う。…

※「非時香菓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android