コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非時香菓 トキジクノカクノコノミ

デジタル大辞泉の解説

ときじく‐の‐かくのこのみ【非菓】

《夏から早春枝にあり、香の消えないところから》タチバナの実。
「―を恐(かしこ)くも残し給へれ」〈・四一一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときじくのかくのこのみ【非時香菓】

〔「ときじく」は形容詞「時じ」の連用形。いつも芳香を漂わせる木の実の意〕
タチバナの実の異名。 「 -を求めしめたまひき/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

非時香菓 (トキジクノカクノコノミ)

植物。・橙の古名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の非時香菓の言及

【田道間守】より

…新羅(しらぎ)国の王子天日槍(あめのひぼこ)の子孫。垂仁天皇はタジマモリを常世国(とこよのくに)に遣わし,非時香菓(ときじくのかくのみ)(時を定めずいつも黄金に輝く木の実)を求めさせた。これを〈橘〉と言う。…

※「非時香菓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

非時香菓の関連キーワード常世の国ダイダイ果樹園芸田道間守ミカン常世国連用形古事記植物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android