コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預け行為 アズケコウイ

2件 の用語解説(預け行為の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あずけ‐こうい〔あづけカウヰ〕【預け行為】

大学の教員が年度内に使い切れなかった研究費を返還せず、取引業者などに預けて蓄えておくこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

預け行為

大学教員が研究費で機材などを購入する際は、取引ごとに大学側に申請する手続きが必要で、年度末に余れば返すのが原則。これに対し、「預け」は架空請求書などをもとに業者に一定額を入金し、プールする行為。余った研究費を積み立て、その後の物品購入にあてる例が多い。研究ごとに国が補助する科学研究費補助金預け行為があった場合、4年間応募資格を失う。

(2011-07-29 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

預け行為の関連キーワード購買決定非顧客試聴個別クレジット申込単位まちなか区域競争的研究費制度学術創成研究費地域連携推進研究費COE形成基礎研究費

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone