コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頸髄損傷 ケイズイソンショウ

デジタル大辞泉の解説

けいずい‐そんしょう〔‐ソンシヤウ〕【×頸髄損傷】

高位脊髄損傷

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

頸髄損傷

背骨の中を通る中枢神経の束(脊髄=せきずい)のうち首の部分を頸髄という。交通事故やスポーツなどで首の骨を骨折・脱臼すると損傷する。頸髄は脳に近いため、重い障害が残り、自発呼吸ができず人工呼吸器に頼る人もいる。頸髄損傷者だけの統計はないが、脊髄損傷で四肢まひになった人は厚生労働省調査(2006年)で2万4600人。

(2010-05-22 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頸髄損傷の関連情報