コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頻りに しきりに

大辞林 第三版の解説

しきりに【頻りに】

( 副 )
同じ物事が間隔をおかずに何度も繰り返されるさま。
しばしば。たびたび。 「 -誘われる」
ひっきりなしに。 「雪が-降っている」
その程度が並み並みでないさま。ひどく。 「 -家が恋しい」 「 -恐縮している」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頻りにの関連キーワード嘆美・歎美鞠訊・鞫訊文室綿麻呂喋喋喃喃すかすか頻りと胡麻塩青表紙其処所雄弁懲悔綜る感発頻り中使密奏苦吟激揚海面

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頻りにの関連情報