(読み)シキ

デジタル大辞泉の解説

しき【頻】

[語素]《動詞「し(頻)く」の連用形から》名詞や動詞の連用形の上に付いて、それが何度も繰り返される意を表す。「浪」「鳴く」

ひん【頻】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヒン(漢) [訓]しきり しきる
事態が引き続いて起こること。しきりに。「頻出頻度頻発頻繁頻頻(ひんぴん)頻脈
[難読]頻伽(びんが)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しき【頻】

〔動詞「頻く」の連用形から〕
動詞の連用形または名詞の上に付いて、「度重なること」「しきりに」の意を表す。 「 -浪」 「 -降る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しきり【頻】

〘形動〙 (動詞「しきる(頻)」の連用形から。助詞「と」を伴うこともある。→しきりと)
① 同じ事が何度も重なるさま。さかんにつづくさま。重ねて。たびたび。しばしば。ひっきりなし。
※書紀(720)皇極三年正月(岩崎本平安中期訓)「中臣の鎌子の連を以て神祇の伯(かみ)に拝(め)す。再三(シキリ)に固辞(いなひ)てつかむまつらず」
※栄花(1028‐92頃)浦々の別「今日とくとくと宣旨しきり也」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉九「注進頻(シキ)りなるをもて」
② 物事の程度や、感情、熱意などの度合が強いさま。むやみ。熱心だ。
※今昔(1120頃か)三一「彼の女の許に構て行ばやと切(しきり)に思けるを」
※平家(13C前)二「此土(ど)の人にも似ず。〈略〉身には頻に毛おひつつ」
※俳諧・曠野(1689)七「父母のしきりに恋し雉子の声〈芭蕉〉」

しき・る【頻】

〘自ラ四〙
① 同じ事が何度も続いて起こる。たび重なる。しげくなる。
※書紀(720)天武元年七月(北野本訓)「時に勇士来目(くめ)といふ者有りて、刀を抜きて急に馳せて、直に軍の中に入る。騎士(むまいくさ)継踵(シキリ)て進む」
万葉(8C後)六・九三七「ゆきめぐり見ともあかめや名寸隅(なきすみ)の舟瀬の浜に四寸流(シきル)白浪」
② 産気づいて痛みがたび重なる。陣(しきり)がくる。
※平家(13C前)三「中宮はひまなくしきらせ給ふばかりにて、御産もとみに成やらず」
③ (動詞の連用形に付いて補助動詞的に用いる) さかんに…する。しばしば続く。しげくなる。
※和英語林集成(初版)(1867)「アメ ガ フリ shikiru(シキル)

し・く【頻】

〘自カ四〙 動作がしばしば繰り返される。たび重なる。しきりに…する。しきる。
① ひっきりなしに…する。また、一面に…する。多く補助動詞のように用いる。
※万葉(8C後)一八・四〇九三「英遠(あを)の浦に寄する白波いや増しに立ち之伎(シキ)寄せ来(く)東風(あゆ)をいたみかも」
※古今(905‐914)雑下・九四六「しりにけんききてもいとへ世の中はのさわぎに風ぞしくめる〈布留今道〉」
② 波があとからあとから寄せる。
※万葉(8C後)一一・二七三五「住吉(すみのえ)の岸の浦回(うらみ)に布(しく)(なみ)のしくしく妹を見むよしもがも」
③ 草木が繁茂する。また、開花する。
※万葉(8C後)三・二六一「やすみしし 吾が大君 高照らす 日の皇子 茂(しき)(いま)す 大殿の上(うへ)に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頻の関連情報