コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風切り鎌 かぜきりがま

大辞林 第三版の解説

かぜきりがま【風切り鎌】

強風の勢いを弱めるまじないに、屋根の棟木や竿さおの先に縛りつける草刈り鎌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の風切り鎌の言及

【鎌】より

…このほか,墓や産屋の入口に古鎌をおいて犬よけや魔よけとする風があり,四国では墓地や野ざらしの鎌が〈かまいたち〉という魔物になったという。さらに北陸や中部地方には,八朔(はつさく)の風祭に屋根の切妻や庭に立てた竿に鎌を結いつけ,悪い風を防ごうという風切り鎌の風習がある。【飯島 吉晴】。…

※「風切り鎌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

風切り鎌の関連キーワードまじない風祭棟木

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android