コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食育推進基本計画 ショクイクスイシンキホンケイカク

デジタル大辞泉の解説

しょくいくすいしん‐きほんけいかく〔‐キホンケイクワク〕【食育推進基本計画】

食育の推進に関する施策を総合的に実施するために策定される基本的な計画。食育基本法に基づいて、内閣府に設置された食育推進会議が作成する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

食育推進基本計画

05年7月に施行された食育基本法にもとづき、食育推進会議(会長・小泉首相)が作成。期間は06〜10年度の5年間。食に関する知識を持ち健全な食生活を実践できる人づくりを目標に、家庭や地域、学校などがとるべき対策の方向性数値目標を掲げて示した。たとえば(1)朝食を欠食する子どもの割合を4%から0%にする(2)食品の安全性について基礎的知識を持つ国民の割合を60%にする、など。都道府県市町村にも地域計画の作成を求めている。

(2006-04-24 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android