コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食育基本法 ショクイクキホンホウ

3件 の用語解説(食育基本法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくいく‐きほんほう〔‐キホンハフ〕【食育基本法】

食育に関する基本理念、施策の基本事項について定めた法律。平成17年(2005)施行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

食育基本法

不規則な食事時間や栄養の偏りなどで健全な食生活が失われているとして、家庭や学校、地域での食育推進を掲げた法律。食育を知育、徳育、体育の基礎と位置づけている。ただ、法制化については「食は個人の問題であり国や自治体が介入するべき事柄ではない」という批判的な意見もあった。

(2014-03-01 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

食育基本法【しょくいくきほんほう】

食育の基本理念を定め,国,地方公共団体等の食育に対する責務を明らかにし,食育に関する施策の基本事項を定めた法律。2005年6月公布,7月施行。食育とは健全な食生活を実現し,食文化の継承,健康の確保等が図れるように自らの食について考える習慣や食に関する知識・判断力を身に付けるための学習等とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

食育基本法の関連キーワード行政事務特別地方公共団体普通地方公共団体境界変更税金公文書館法指定公共機関劇場法地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン地方公共団体あっせん融資

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食育基本法の関連情報