コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食育基本法 ショクイクキホンホウ

3件 の用語解説(食育基本法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょくいく‐きほんほう〔‐キホンハフ〕【食育基本法】

食育に関する基本理念、施策の基本事項について定めた法律。平成17年(2005)施行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

食育基本法

不規則な食事時間や栄養の偏りなどで健全な食生活が失われているとして、家庭や学校、地域での食育推進を掲げた法律。食育を知育、徳育、体育の基礎と位置づけている。ただ、法制化については「食は個人の問題であり国や自治体が介入するべき事柄ではない」という批判的な意見もあった。

(2014-03-01 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

食育基本法【しょくいくきほんほう】

食育の基本理念を定め,国,地方公共団体等の食育に対する責務を明らかにし,食育に関する施策の基本事項を定めた法律。2005年6月公布,7月施行。食育とは健全な食生活を実現し,食文化の継承,健康の確保等が図れるように自らの食について考える習慣や食に関する知識・判断力を身に付けるための学習等とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食育基本法の関連情報