コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯室楽圃 いいむろ らくほ

2件 の用語解説(飯室楽圃の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯室楽圃 いいむろ-らくほ

飯室昌栩(いいむろ-まさのぶ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

飯室楽圃

没年:安政6(1859)
生年:寛政1(1789)
江戸後期の博物学者。名は昌栩,幼名を安太郎といい,220俵を受ける大番組の旗本飯室富之助昌親の長男として江戸市谷柳町に生まれた。通称は庄左衛門,楽圃または千草堂と号した。設楽甚左衛門貞丈に師事し,博物学を修める。天保7(1836)年,前田利保の主唱した赭鞭会(動植物・鉱物の検討会)の同人に加わり,研究討議を重ねた。主著『虫類図説』(1856年序,12巻)は昆虫のみならず爬虫類,両生類,蜘蛛類などを含む約600種を『本草綱目』に従って分類記述しており,わが国最初の体系的な図鑑である。他に『草花写生図』などの著がある。

(石山洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯室楽圃の関連キーワード梅園静廬三宅錦川本阿彌親平雲谷等村桜井信景アルドロバンディ飯室昌栩毛利梅園《アマゾン河の博物学者》《ラ・プラタの博物学者》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone