コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯室昌栩 いいむろ まさのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯室昌栩 いいむろ-まさのぶ

1789-1859 江戸時代後期の博物学者。
寛政元年生まれ。旗本。江戸市ケ谷にすむ。設楽(しだら)甚左衛門にまなび,天保(てんぽう)7年越中富山藩主前田利保(としやす)の主宰する博物研究会「赭鞭(しゃべん)会」にくわわる。安政3年刊行の「虫譜図説」は日本最初の体系的に分類された虫類図鑑。安政6年死去。71歳。通称は庄左衛門。号は楽圃,千草堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯室昌栩の関連キーワード飯室庄左衛門飯室楽圃

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android