コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲(み)口/呑み口 ノミクチ

デジタル大辞泉の解説

のみ‐くち【飲(み)口/×呑み口】

《「のみぐち」とも》
飲んだときの風味・口あたり。「―のいい酒」
酒好きの人。のみて。「かなりの―と見える」
杯などのくちびるに触れる部分。「―の欠けたちょこ」
酒などを飲む口つき。のみっぷり。「豪快な―」
(呑み口)樽などの中の液体をつぎ出すための口。また、それに使う木の栓。
キセルの吸い口。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone