コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲(み)口/呑み口 ノミクチ

デジタル大辞泉の解説

のみ‐くち【飲(み)口/×呑み口】

《「のみぐち」とも》
飲んだときの風味・口あたり。「―のいい酒」
酒好きの人。のみて。「かなりの―と見える」
杯などのくちびるに触れる部分。「―の欠けたちょこ」
酒などを飲む口つき。のみっぷり。「豪快な―」
(呑み口)樽などの中の液体をつぎ出すための口。また、それに使う木の栓。
キセル吸い口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

飲(み)口/呑み口の関連キーワード茶道/茶事用語リュトンちょこ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android