馬乗提灯(読み)うまのりぢょうちん

精選版 日本国語大辞典の解説

うまのり‐ちょうちん ‥チャウチン【馬乗提灯】

〘名〙 乗馬のとき、腰にさして持って行く柄の長く丸い、ちょうちん。馬提灯。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の馬乗提灯の言及

【提灯】より

…ぶら提灯は球形や棗形のもので,これを棒の先端にぶらさげて持ち歩いたのでこの名がある。一般庶民にひろく使用されたが,武士が馬上に用いた馬乗(馬上)提灯はその上製品である。ほおずき(酸漿)提灯もぶら提灯の一種で,赤,紅白などの色彩をほどこした小型のものである。…

※「馬乗提灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる