コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駿河舟状海盆 スルガシュウジョウカイボン

デジタル大辞泉の解説

するが‐しゅうじょうかいぼん〔‐シウジヤウカイボン〕【駿河舟状海盆】

駿河トラフ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕駿河舟状海盆(するがしゅうじょうかいぼん)


静岡県東部の駿河湾に細長く入り込んだ海底の窪地(くぼち)。水深1000~2400m。駿河トラフとも。御前(おまえ)崎の南東、石廊(いろう)崎の南西それぞれ約50kmの地点で南海(なんかい)舟状海盆(南海トラフ)から分岐し北に約90km延びる。東側は直線状に落ち込むが、西側には石花海(せのうみ)の浅堆(せんたい)を挟んで小海盆が分岐する。予想される東海地震震源域として注目を集める。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

駿河舟状海盆の関連キーワード南海トラフ石花海南東浅堆御前

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android