コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨切り ホネキリ

デジタル大辞泉の解説

ほね‐きり【骨切り】

骨を切ること。
ハモなどの小骨の多い魚に、細かく包丁を入れること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほねきり【骨切り】

骨を断ち切ること。
ハモなど小骨の多い魚を調理するとき、身がばらばらにならない程度に、身ごと骨を細かく切ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の骨切りの言及

【ハモ(鱧)】より

…機船底引網やはえなわで漁獲される。【日比谷 京】
[料理]
 ハモは淡泊で美味な魚だが,骨切りという操作を加えないと小骨が多いので著しく食味を減ずる。その骨切りであるが,開いたハモの身のほうから2~3mm間隔で,皮だけは切らぬように包丁を入れるというむずかしい技術である。…

※「骨切り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

骨切りの関連キーワード口唇裂/唇顎口蓋裂/口蓋裂特発性大腿骨頭壊死関節手術のいろいろ大腿骨頭すべり症マーデルング変形特発性膝骨壊死変形性股関節症変形性関節症大腿骨頭壊死ペルテス病骨切り包丁外反母趾コノシロ外反肘截骨術内反肘牡丹鱧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨切りの関連情報