コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋国足 たかはしの くにたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋国足 たかはしの-くにたり

?-? 奈良時代の官吏。
遠江少掾(とおとうみのしょうじょう)をへて天平(てんぴょう)17年(745)造酒正(みきのかみ)兼内膳奉膳。「万葉集」によれば,18年元正太上天皇の雪の宴(うたげ)に応詔歌をよんだが,かきとめられなかったという。同年従五位下,越後守(えちごのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋国足の関連キーワード奈良時代官吏遠江

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android