コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋国足 たかはしの くにたり

1件 の用語解説(高橋国足の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋国足 たかはしの-くにたり

?-? 奈良時代の官吏。
遠江少掾(とおとうみのしょうじょう)をへて天平(てんぴょう)17年(745)造酒正(みきのかみ)兼内膳奉膳。「万葉集」によれば,18年元正太上天皇の雪の宴(うたげ)に応詔歌をよんだが,かきとめられなかったという。同年従五位下,越後守(えちごのかみ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高橋国足の関連キーワード荒木忍国大伴清縄巨勢総成坂上人長坂本人上菅原古人調使首角広弁中臣伊勢老人葛井河守