コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田山専修寺

1件 の用語解説(高田山専修寺の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高田山専修寺

親鸞を宗祖とする真宗高田派の寺。親鸞が最初の建立した寺とされることから「真宗根本(こんぽん)道場」と称する。現在は津市にある本山専修寺の系列で、責任者の僧侶は輪番で本山から派遣される。本山と区別して「本寺専修寺」とも言う。1967年に境内と御廟(ごびょう)、三谷草庵が国指定史跡となった。総門、山門、如来堂、御影堂の各建造物と、顕智上人像、真仏上人像の二つの仏像が国の重要文化財になっている。

(2010-11-19 朝日新聞 朝刊 栃木全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone