コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高知県南国市(読み)なんこく〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕南国〈市〉(なんこく〈し〉)


高知県中央部の都市。
高知平野東部に位置し、土佐湾に面する。中心は後免(ごめん)町。高知空港(愛称は高知龍馬空港)を擁する陸・空路の要衝。第二次大戦前から野菜の促成栽培が盛んで、ピーマン・ナス・キュウリなどを生産。農機具工業が発達し、猟銃メーカーも進出。土佐国分寺跡・比江(ひえ)廃寺塔跡(いずれも国指定史跡)など史跡も多い。四国八十八ヶ所霊場第29番札所の国分(こくぶん)寺(真言宗)、第32番札所の禅師峰(ぜんじぶ)寺(真言宗)がある。篠原は国指定特別天然記念物である土佐のオナガドリの飼育地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

高知県南国市の関連情報