コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取県倉吉市 くらよし〈し〉

1件 の用語解説(鳥取県倉吉市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕倉吉〈市〉(くらよし〈し〉)


鳥取県中部の市。
天神(てんじん)川中流部と支流の小鴨(おがも)川流域を占める。2005年(平成17)3月、東伯(とうはく)郡の関金町を編入して現在の姿となる。古代の伯耆国(ほうきのくに)(鳥取県中・西部)の中心地で、国の史跡の伯耆国府跡や伯耆国分寺跡、古墳群が残る。江戸時代末期から明治期にかけては千把扱(せんばこ)きの産地として知られた。電機・衣服・金属・農機具製造の工業と商業が盛ん。白ネギ・シイタケ・ナシの栽培が行われる。倉吉絣(がすり)が特産品。打吹山(うつぶきやま)がある。玉川沿いの地区は江戸時代から栄えた商家町。白壁土蔵の町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。市の南部に養老(ようろう)年間発見の関金(せきがね)温泉(白金の湯)が湧く。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥取県倉吉市の関連情報