鳥取県倉吉市(読み)くらよし〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕倉吉〈市〉(くらよし〈し〉)


鳥取県中部の市。
天神(てんじん)川中流部と支流の小鴨(おがも)川流域を占める。2005年(平成17)3月、東伯(とうはく)郡の関金町を編入して現在の姿となる。古代の伯耆国(ほうきのくに)(鳥取県中・西部)の中心地で、国の史跡の伯耆国府跡や伯耆国分寺跡、古墳群が残る。江戸時代末期から明治期にかけては千把扱(せんば)きの産地として知られた。電機・衣服・金属・農機具製造の工業と商業が盛ん。白ネギ・シイタケ・ナシの栽培が行われる。倉吉絣(がすり)が特産品。打吹山(うつぶきやま)がある。玉川沿いの地区は江戸時代から栄えた商家町。白壁土蔵の町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。市の南部に養老(ようろう)年間発見の関金(せきがね)温泉(白金の湯)が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥取県倉吉市の関連情報