コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴鳴堂主人 かくめいどうしゅじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴鳴堂主人 かくめいどうしゅじん

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
文政8年(1825)読み本「鳥辺山調綫」,翌年「三山草紙」をあらわす。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鶴鳴堂主人の関連キーワードさく戯作

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android