コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿曼荼羅 しかまんだら

1件 の用語解説(鹿曼荼羅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿曼荼羅
しかまんだら

春日曼荼羅」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鹿曼荼羅の言及

【春日曼荼羅】より

…これに本地仏やその象徴たる梵字種子を添えることも多く,実際に春日社を参詣するように礼拝された。(3)鹿曼荼羅 神鏡や榊をのせた神鹿を描くことで春日明神を表現したもの。以上を基本形とするが,鎌倉後期にいたると,神国思想によって神仏習合は高揚期を迎え,春日曼荼羅の制作も飛躍的に増加し,形式も多様化する。…

※「鹿曼荼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿曼荼羅の関連情報