コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄遠庸 こうえんよう Huáng Yuǎn yōng

1件 の用語解説(黄遠庸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうえんよう【黄遠庸 Huáng Yuǎn yōng】

1884‐1915
中国のジャーナリスト。浙江省杭州の人,原名は為基,遠庸は字,遠生と号し,黄遠生とも称される。日本留学より帰国後,新聞界で活躍した。民国初年,上海の《時報》の北京特派員として鳴らし,《申報》の邵飄萍,《新聞報》の張季鸞と並称された。その名声ゆえに,袁世凱により帝制のお先棒かつぎとして《亜細亜報》の総編集に任ぜられたため,反帝制派によりサンフランシスコで暗殺された。【狭間 直樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄遠庸の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストブラックジャーナリズムパックジャーナリズムフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone