コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄遠庸 こうえんようHuáng Yuǎn yōng

世界大百科事典 第2版の解説

こうえんよう【黄遠庸 Huáng Yuǎn yōng】

1884‐1915
中国のジャーナリスト。浙江省杭州の人,原名は為基,遠庸は字,遠生と号し,黄遠生とも称される。日本留学より帰国後,新聞界で活躍した。民国初年,上海の《時報》の北京特派員として鳴らし,《申報》の邵飄萍,《新聞報》の張季鸞と並称された。その名声ゆえに,袁世凱により帝制のお先棒かつぎとして《亜細亜報》の総編集に任ぜられたため,反帝制派によりサンフランシスコで暗殺された。【狭間 直樹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄遠庸の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットスベルドラップ(Johan Sverdrup)高校野球[各個指定]芸能部門井上馨[各個指定]工芸技術部門セッラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android