時報(読み)ジホウ

デジタル大辞泉 「時報」の意味・読み・例文・類語

じ‐ほう【時報】

ラジオ・テレビ・電話などで、その時その時の正確な時刻を知らせること。また、それに用いる音。「正午時報
その時々の出来事を知らせること。また、その雑誌。「経済時報

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「時報」の意味・読み・例文・類語

じ‐ほう【時報】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 標準時刻を放送通信などで一般の人に知らせること。
    1. [初出の実例]「時報及気象報に関する事項」(出典:作戦要務令(1939)一)
  3. その時々の報知。また、それを載せた雑誌類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「時報」の意味・わかりやすい解説

時報
じほう

報時

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「時報」の意味・わかりやすい解説

時報
じほう

報時」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の時報の言及

【テレホンサービス】より

…このように,システムとしても,またその利用方法も簡便であり,さらに吹き込まれた情報がつねに更新されうるところから,情報の新陳代謝の激しい分野におけるメディアの一つとして,しだいに発展してきた。日本では,日本電信電話株式会社(NTT)が提供している時報(117番)は1日平均100万回,天気予報(177番)は同じく100万回も利用されるほど,日常生活に浸透している。ほかに新聞社,官庁,地方自治体,各種企業などがそれぞれ多彩なテレホンサービスを自営のシステムで提供している。…

※「時報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android