コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1000BASE-T せんべーすてぃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

1000BASE-T

IEEE802.3abで標準化されているEthernet規格の1つ。通信速度は1000Mbps(1Gbps)であり、最近では対応のネットワーク機器も増えてきた。1000BASE-Tでは4対の心線を使う、カテゴリ5以上のUTPケーブルが用いられる。クロック周波数は100BASE-TXと同じ125MHzだが、クロックあたり2ビットを送れるように工夫されており、250Mbps×4対で1Gbpsを実現する。また、上りと下りの信号は同じ心線で同時に送れる。これには受信側で送信信号の干渉を取り除く「エコーキャンセラ」という技術が用いられている。

1000Base-T

IEEE802.3abで標準化されているEthernet規格のひとつ。通信速度は1000Mbps(1Gbps)で、ギガビットEthernetともいう。機器の接続には、カテゴリー5以上のシールドが施されていないツイストペアケーブルが用いられる。対応するネットワーク機器の多様化・低価格化により、最近では広い用途で普及が進んでいる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

1000BASE-Tの関連キーワードギガビット・イーサーネットギガビットイーサネットイーサーネット型LANスター型ネットワークギガビット・イーサモジュラージャックギガビットイーサイーサネット全二重通信

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android