100BASE-T(読み)ひゃくべーすてぃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

100BASE-T

IEEE802.3uによって標準化されたスター型LANのことで、Fast Ethernetとも呼ばれる。10BASE-Tをもとに、ケーブルや符号伝送方式を変更して、伝送速度を最高100Mbpsまで発展させた規格を指す。なお、100BASE-Tは、光ファイバーを伝送媒体に用いた100BASE-FXと、ツイストペアケーブルを用いた100BASE-T4100BASE-TXの3種類に分けられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android