コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ASAT エーサットASAT

デジタル大辞泉の解説

エーサット【ASAT】[anti-satellite]

anti-satellite》対衛星攻撃兵器。米空軍が開発中の対衛星迎撃システム。誘導ミサイルをF15戦闘機で運び、上空で衛星に向けて発射するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のASATの言及

【ミサイル】より

…これはソ連の弾道ミサイルを,ロケットエンジン燃焼中,多核弾頭が目標に対する軌道にのるまで,宇宙空間飛行中,および終末突入時のそれぞれの段階でレーザー等を用いて破壊する多層防衛方式である(図2)。なお,偵察衛星などの軍事衛星を攻撃する兵器(ASAT(エーサツト),anti‐satellite)の開発については,ソ連ですでに衛星攻撃衛星(キラー衛星)の配備を行っていると報じられており,アメリカでは,戦闘機に多段ロケット式赤外線ホーミング方式の小型迎撃ミサイルを搭載し,急上昇して高空で宇宙空間へ射ち出す方式について開発中である。
【戦術ミサイル】

[戦術ミサイルの分類]
 戦術ミサイルはその用途,機能,性能に応じて種類も多い。…

【ミサイル】より

…これはソ連の弾道ミサイルを,ロケットエンジン燃焼中,多核弾頭が目標に対する軌道にのるまで,宇宙空間飛行中,および終末突入時のそれぞれの段階でレーザー等を用いて破壊する多層防衛方式である(図2)。なお,偵察衛星などの軍事衛星を攻撃する兵器(ASAT(エーサツト),anti‐satellite)の開発については,ソ連ですでに衛星攻撃衛星(キラー衛星)の配備を行っていると報じられており,アメリカでは,戦闘機に多段ロケット式赤外線ホーミング方式の小型迎撃ミサイルを搭載し,急上昇して高空で宇宙空間へ射ち出す方式について開発中である。
【戦術ミサイル】

[戦術ミサイルの分類]
 戦術ミサイルはその用途,機能,性能に応じて種類も多い。…

※「ASAT」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ASATの関連キーワードC.O.S.M.O.S.~秋桜~ドゥシットマハプラサート宮殿チャクリーマハプラサート宮殿antiTHEBEATGARDENシーコーラプーム歴史公園WINTER SONGサカンペーンヤイ遺跡アサツー ディ・ケイ神流町恐竜センターバンプルアン遺跡北里柴三郎記念館マイクロ波放射計パノムルン遺跡大網白里(市)パノムワン遺跡ムアンタン遺跡ロイコマイシン中札内(村)レーダ高度計