上空(読み)うわのそら

精選版 日本国語大辞典「上空」の解説

うわ‐の‐そら うは‥【上空】

〘名〙
① 空の上の方。天の上。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「山のはの心もしらでゆく月はうはの空にて影やたえなむ」
② (形動) 心がうきうきして落ち着かないさま。よそに心が奪われて、あることに注意が向かないこと。
※源氏(1001‐14頃)薄雲「うはの空なる心ちのみしつつあかしくらすを」
③ (形動) 漠然として雲をつかむようなさま。根拠のないこと。
※是貞親王歌合(893)「かりのなくうはの空なる涙こそ秋の袂の露とおくらめ」
④ (形動) 軽々しいさま。無責任なこと。
※落窪(10C後)二「かくうはの空に御局あるまじかめるものを、いといとほしきわざかな」
浄瑠璃・凱陣八島(1685頃)四「恋の山、ちくさに思ひあまりてや、うはのそら成御有様」

じょう‐くう ジャウ‥【上空】

〘名〙 そらの上の方。高いそら。また、ある地点の上にあるそら。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と虚空「其音飈の如し忽ちにして上空に消逸す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「上空」の解説

じょう‐くう〔ジヤウ‐〕【上空】

空の上の方。また、ある地点の上にある空。「上空に舞いあがる」「東京の上空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android