Acocotlis

世界大百科事典内のAcocotlisの言及

【ダリア】より

…花はキクと同じように花弁と呼ばれる舌状花とおしべ・めしべを備えた管状花が多数集まった頭状花で,主茎と側枝の先に初夏から秋末まで断続的に開花する。 16世紀にはすでに,原産地のメキシコでアステカ族によりおもに薬草として栽培され,ココクソチトルCocoxochitlまたはアココトリスAcocotlisの名で呼ばれていた。ヨーロッパには1789年にマドリードの王室植物園長A.J.カバニレスのもとにメキシコから最初の種子が送られ,翌年この種子から得られた半八重の花にpinnataの種名がつけられた。…

※「Acocotlis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android