コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Aeschnidae Aeschnidae

世界大百科事典内のAeschnidaeの言及

【ヤンマ(蜻蜓)】より

…狭義にはトンボ目ヤンマ科の昆虫の総称,広義にはさらにオニヤンマ科,ムカシヤンマ科,大型のサナエトンボ科の種を含む大型のトンボ類の俗称として用いられる。ヤンマ科Aeschnidaeのトンボは一般に体長60mm以上と大型で,左右の複眼は背面で広くくっついている。下唇の中片には裂け目はないが,中央に1対の小突起がある。…

※「Aeschnidae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Aeschnidaeの関連キーワードヤンマ(蜻蜓)ヤンマ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android