コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Assurnasirpal II(英語表記)AssurnasirpalII

世界大百科事典内のAssurnasirpal IIの言及

【アッシリア】より

…この王は戦争のほかに農業改革についても詳細な記述を残している。その孫で大征服王たちの先頭に立つのがアッシュールナシルパル2世Assurnasirpal II(正しくはアッシュール・ナーシル・アプリAššur‐nasir‐apli。在位,前883‐前859)である。…

【アッシリア美術】より

… 前1千年紀に入ると,歴代諸王が版図を逐次拡大し,美術も突如として華やかな様相を呈するようになる(後期アッシリア時代)。前9世紀の征服王アッシュールナシルパル2世Assurnasirpal II(在位,前883‐前859)は,カルフKalhu(現,ニムルド)に新都を造営し,大規模な北西宮殿を建設した。宮殿の主要な入口には,アラバスター製の人面獣身の守護像が置かれ,また玉座室を中心とする一画と中心の中庭とは,薄肉浮彫を施した多数のアラバスター製オルトスタトorthostat(画像石板)で飾られた。…

※「Assurnasirpal II」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android