コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Babst,I.K. BabstIK

世界大百科事典内のBabst,I.K.の言及

【西欧派】より

…そのため論敵のスラブ派から西欧派もしくは西欧主義者にあたる〈ザーパドニキ〉と呼ばれた。この派の大多数は貴族地主階級に属する知識人たちで,その代表的な人物としては思想家のチャアダーエフをはじめ,作家のツルゲーネフ,アンネンコフ,パナーエフ,ゴンチャロフ,ドルジニンAleksandr V.Druzhinin(1824‐64),N.ネクラーソフ,歴史家のグラノフスキーTimofei N.Granovskii(1813‐55),S.ソロビヨフ,法制史家カベーリンKonstantin D.Kavelin(1818‐85),チチェーリンBoris N.Chicherin(1828‐1904),経済学者ベルナツキーIvan V.Vernadskii(1821‐84),バプストIvan K.Babst(1823‐81)などをあげることができる。そのほか少数ながら商人階級出身の作家,評論家のボトキンVasilii P.Botkin(1812‐69)や雑階級出身の急進的思想家ベリンスキー,デカブリストの革命的な伝統を受け継ぐ貴族のゲルツェンやオガリョフらも含んでいた。…

※「Babst,I.K.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone