コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西欧派 せいおうは zapadniki

4件 の用語解説(西欧派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西欧派
せいおうは
zapadniki

1840~50年代のロシアスラブ主義者と並んで思想界を2分したインテリゲンチアの一派。ロシア語ザーパドニキ。西欧主義者の意。皇帝ニコライ1世の反動政治は,腐朽しつつある農奴制機構の崩壊を阻止しようという専制側の意思の産物であったが,その社会状況を反映して知識人の関心は社会問題を解決する方法に集中した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西欧派【せいおうは】

ロシア語Zapadnikiの訳語で,1840年―1850年代にスラブ派と並んでロシア思想界を2分した知識人の一派。ロシア正教主義(ロシア正教会)と復古主義に反対し,ロシアも基本的には西欧社会と同じ進歩の道程をたどるのが必然と主張した。
→関連項目チャアダーエフロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいおうは【西欧派 Zapadniki】

1840年代から50年代にかけてのロシアで西欧型の近代化の必要を唱えた人々。統一された政治プログラムはもっていなかったが,その共通の傾向として西欧市民社会を理想化し,個人の自由の実現をめざして,ピョートル大帝の改革路線の継承発展を主張していた。そのため論敵のスラブ派から西欧派もしくは西欧主義者にあたる〈ザーパドニキ〉と呼ばれた。この派の大多数は貴族地主階級に属する知識人たちで,その代表的な人物としては思想家チャアダーエフをはじめ,作家のツルゲーネフアンネンコフパナーエフゴンチャロフ,ドルジニンAleksandr V.Druzhinin(1824‐64),N.ネクラーソフ,歴史家のグラノフスキーTimofei N.Granovskii(1813‐55),S.ソロビヨフ,法制史家カベーリンKonstantin D.Kavelin(1818‐85),チチェーリンBoris N.Chicherin(1828‐1904),経済学者ベルナツキーIvan V.Vernadskii(1821‐84),バプストIvan K.Babst(1823‐81)などをあげることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西欧派
せいおうは

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西欧派の関連キーワード馮鏡如ウーマン・リブクワントスラブ派バージェス頁岩ロシアフォルマリズムСургутムード歌謡ポートフェアリー《古代からのロシア史》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西欧派の関連情報