コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西欧派 せいおうはzapadniki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西欧派
せいおうは
zapadniki

1840~50年代のロシアでスラブ主義者と並んで思想界を2分したインテリゲンチアの一派。ロシア語でザーパドニキ。西欧主義者の意。皇帝ニコライ1世の反動政治は,腐朽しつつある農奴制機構の崩壊を阻止しようという専制側の意思の産物であったが,その社会状況を反映して知識人の関心は社会問題を解決する方法に集中した。西欧派は現状打開の道が西ヨーロッパ市民社会の文化的成果を積極的に受入れることにあると確信して,ロシアの歴史的発展の独自性を主張するスラブ主義者に対抗した。その代表者は A.I.ゲルツェン,N.P.オガリョフ,V.G.ベリンスキー,M.A.バクーニンらで『祖国の記録』『同時代人』『ロシア通報』誌などによって,合理主義的,現実主義的世界観を鼓吹した。 I.N.グラノフスキーツルゲーネフら自由主義者と異なって,ベリンスキー,ゲルツェン,オガリョフらはフランス社会主義の影響を受け,革命的民主主義者になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

西欧派【せいおうは】

ロシア語Zapadnikiの訳語で,1840年―1850年代にスラブ派と並んでロシア思想界を2分した知識人の一派。ロシア正教主義(ロシア正教会)と復古主義に反対し,ロシアも基本的には西欧社会と同じ進歩の道程をたどるのが必然と主張した。
→関連項目チャアダーエフロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいおうは【西欧派 Zapadniki】

1840年代から50年代にかけてのロシアで西欧型の近代化の必要を唱えた人々。統一された政治プログラムはもっていなかったが,その共通の傾向として西欧市民社会を理想化し,個人の自由の実現をめざして,ピョートル大帝の改革路線の継承発展を主張していた。そのため論敵のスラブ派から西欧派もしくは西欧主義者にあたる〈ザーパドニキ〉と呼ばれた。この派の大多数は貴族地主階級に属する知識人たちで,その代表的な人物としては思想家のチャアダーエフをはじめ,作家のツルゲーネフ,アンネンコフパナーエフ,ゴンチャロフ,ドルジニンAleksandr V.Druzhinin(1824‐64),N.ネクラーソフ,歴史家のグラノフスキーTimofei N.Granovskii(1813‐55),S.ソロビヨフ,法制史家カベーリンKonstantin D.Kavelin(1818‐85),チチェーリンBoris N.Chicherin(1828‐1904),経済学者ベルナツキーIvan V.Vernadskii(1821‐84),バプストIvan K.Babst(1823‐81)などをあげることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西欧派
せいおうは

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西欧派の関連キーワードキレーエフスキー(Pyotr Vasil'evich Kireevskiy)キレーエフスキー(Ivan Vasil'evich Kireevskiy)ピョートル1世(大帝)サラーマ・ムーサーサラーマ・ムーサーチャイコフスキー欧州共通防衛政策ドストエフスキーグラノーフスキーチャーダーエフスタンケービチグラズーノフスラボフィルホミャコーフアリシャバナアクサーコフミハイロビチザパドニキロシア文学ホミャコフ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android