Benefiziat

世界大百科事典内のBenefiziatの言及

【司祭】より

…【土屋 吉正】
[祭壇付司祭]
 都市などの大きな教区において,教区司祭を助けてミサをあげる下級聖職者をいう。ドイツ語でアルタリストAltarist,カプラーンKaplan,ベネフィツィアートBenefiziatと呼ばれる。多くのばあいギルドやツンフトなどの兄弟団から教会禄Präbendeの資金を受け,特定のギルドやツンフトの祭壇でミサをあげるところからその名前がつけられている。…

※「Benefiziat」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android