コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bestuzhev-Ryumin,A.P. BestuzhevRyuminAP

世界大百科事典内のBestuzhev-Ryumin,A.P.の言及

【エリザベータ・ペトロブナ】より

…内政の事実上の指導者は50年代はじめからシュバーロフPyotr Ivanovich Shuvalov(1710‐62)で,国内関税の廃止,法典編纂事業など経済的自由主義と法治主義の方針がとられたが,農奴の法的地位は低下した。1744‐58年宰相として外交を担当したベストゥジェフ・リュミンAleksei Petrovich Bestuzhev‐Ryumin(1693‐1768)は,イギリス,オーストリアとの同盟,スウェーデン,ポーランド,トルコに対する膨張政策をとり,女帝の晩年ロシアは七年戦争にも参加した。女帝はおいのピョートル(3世)を皇太子にしたが,両者の関係は悪かった。…

※「Bestuzhev-Ryumin,A.P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Bestuzhev-Ryumin,A.P.の関連キーワード細明朝体リュウミン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone