コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bhoja I BhojaI

世界大百科事典内のBhoja Iの言及

【プラティーハーラ朝】より

…この間,北インド最大の政治都市カナウジを占領し,ここに首都を遷している。王朝に最盛期をもたらしたのはボージャ1世Bhoja I(別名ミヒラMihira,在位836ころ‐885ころ)である。彼の征服事業によって,王国の版図はガンガー(ガンジス)流域と中央インド,西部インドのほぼ全域にわたる広大なものとなった。…

※「Bhoja I」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Bhoja Iの関連キーワードプラティーハーラ朝パラマーラ朝

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android