コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラティーハーラ朝 プラティーハーラちょう Pratīhāra

2件 の用語解説(プラティーハーラ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラティーハーラ朝
プラティーハーラちょう
Pratīhāra

8~11世紀の北インドの王朝。5世紀頃北西インドに侵入したグルジャラ族の出身で,ラージャスターンから興起し,8世紀中頃ガンジス中流域を征略してカナウジを都とした。9世紀ボージャ1世 (在位 836頃~885頃) とマヘーンドラパーラ (在位 885頃~908頃) のときに最盛期を迎え,西はシンド,南はナルマダ川,東はベンガルに及んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プラティーハーラちょう【プラティーハーラ朝 Pratīhāra】

8~11世紀に北インドを支配したラージプート諸王朝の一つ。5世紀中ごろ中央アジア方面からインドに入ったグルジャラ族の系統に属する。西部インドのアバンティAvanti地方を本拠に8世紀半ばごろから強力となり,ベンガルのパーラ朝デカンラーシュトラクータ朝と長期にわたり北インドの盟主の地位を争った。この間,北インド最大の政治都市カナウジを占領し,ここに首都を遷している。王朝に最盛期をもたらしたのはボージャ1世Bhoja I(別名ミヒラMihira,在位836ころ‐885ころ)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラティーハーラ朝の関連キーワードクシャトラパザミーンダールプリトビーラージシンハラスンガミリンダ王の問ラージプート族ブリハディーシュワラ寺院カラチュリ朝ラージャラージャ[1世]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone