コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラティーハーラ朝 プラティーハーラちょうPratīhāra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラティーハーラ朝
プラティーハーラちょう
Pratīhāra

8~11世紀の北インドの王朝。5世紀頃北西インドに侵入したグルジャラ族の出身で,ラージャスターンから興起し,8世紀中頃ガンジス中流域を征略してカナウジを都とした。9世紀ボージャ1世 (在位 836頃~885頃) とマヘーンドラパーラ (在位 885頃~908頃) のときに最盛期を迎え,西はシンド,南はナルマダ川,東はベンガルに及んだ。だがパーラ,ラーシュトラクータ両王朝の長年の抗争によって,王朝の勢力が弱まると,支配下の諸侯が相次いで独立した。 11世紀初めガズニー朝マフムードによって攻められ,中頃に滅んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラティーハーラちょう【プラティーハーラ朝 Pratīhāra】

8~11世紀に北インドを支配したラージプート諸王朝の一つ。5世紀中ごろ中央アジア方面からインドに入ったグルジャラ族の系統に属する。西部インドのアバンティAvanti地方を本拠に8世紀半ばごろから強力となり,ベンガルのパーラ朝デカンラーシュトラクータ朝と長期にわたり北インドの盟主の地位を争った。この間,北インド最大の政治都市カナウジを占領し,ここに首都を遷している。王朝に最盛期をもたらしたのはボージャ1世Bhoja I(別名ミヒラMihira,在位836ころ‐885ころ)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

プラティーハーラ朝の関連キーワードラージャシェーカラチャーハマーナ朝チャンデーラ朝チャンデッラ朝チャウルキヤ朝ダルマパーララージプートチャウハン朝デーバパーラパラマーラ朝グヒラ朝

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android