コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラマーラ朝 パラマーラちょう Paramāra

2件 の用語解説(パラマーラ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラマーラ朝
パラマーラちょう
Paramāra

中西部インドの王朝。プラティーハーラ朝の衰退に乗じて 10世紀にマールワ地方で独立。9代目のボージャ王のときに近隣のヒンドゥー諸王と連合してイスラム侵入に抗して活躍したが,その晩年にチェーディとグジャラートの連合軍に敗れて (1053) から衰え,14世紀に滅亡した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パラマーラちょう【パラマーラ朝 Paramāra】

インド中央部のダールに都した王朝。はじめデカンラーシュトラクータ朝に服属していたが,970年ころ,シーヤカ2世Sīyaka IIのとき独立した。領域のマールワ地方は交通の要衝であったため,つねに隣接の諸王朝の進攻を受けて戦った。11世紀前半のボージャBhoja(在位1018ころ‐55ころ)は文芸を保護した王として有名であるが,治世の最後には北東方のカラチュリ朝と西方オグジャラートのチャウルキヤ朝の連合軍に敗れて死去した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パラマーラ朝の関連キーワードウッジオーランドザミーンダールテンダーロインナグプルレミントンスパナインダーツ野田肇カーカティーヤ朝カラチュリ朝

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone