Boii

世界大百科事典内のBoiiの言及

【チェコ】より


【歴史】
1918年から92年までの歴史については〈チェコスロバキア〉の項目を参照されたい。
[スラブ人の進出と中世のチェコ]
 前1世紀にはすでに先住ケルト族(ボイイBoii族あるいはボイェルBojer族。ラテン語のボヘミアBohemiaの語源となる)を圧迫したゲルマン諸族が住んでいたが,やがてスラブ諸族がカルパティア山脈を越えてこの地に徐々に浸透していった。…

【ボヘミア】より

…ヨーロッパのほぼ中央部に位置し,ボヘミア盆地を中心として周囲をオーストリア,ドイツ,ポーランド,チェコのモラビア地方に囲まれた起伏に富んだ高地。 ボヘミアの語源は,ギリシア語のボイオイBoioi,ラテン語のボイイBoiiであり,ケルト族の一分枝で,前4世紀に西南ドイツ付近からマイン川,ドナウ川の中間地帯を通って今日のボヘミアに移住した集団を指す。彼らはゲルマン人の圧迫により前60年ころこの地を去り,ボヘミアに残ったボイイ人は前10年ゲルマン人のマルコマンニ族に従属したが,ゲルマン人も民族移動期にボヘミアの地を去り,やがて西スラブ族が進出し,9~10世紀以降はチェコ人としての民族形成,国家形成がすすんだ。…

※「Boii」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android