コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Brachiopoda Brachiopoda

世界大百科事典内のBrachiopodaの言及

【触手動物】より

…いろいろな生物や諸施設に付着して害を与えるので汚損生物の一つとされる。 腕足綱Brachiopodaは体は背腹に位置する2枚の貝殻で包まれ,殻の後端から筋肉質の柄を出している。殻腔内には馬蹄状の腕骨があり,これで触手冠を支えている。…

【腕足類】より

… 軟体部が2枚の殻によって包まれているという基本的な形態が二枚貝類とよく似ているが,二枚貝類が形も大きさもほぼ等しい2枚の殻をもっているのに対し,腕足類の殻は形も大きさも違う。加えて,発生から幼生までの段階が大きく異なるので,二枚貝類が軟体動物に属するのに対し,腕足類は腕足動物として独立した1門Brachiopodaをなしているが触手動物門の1綱とすることもある。この奇妙な名称は,当初殻の内部にある触手冠と呼ばれる集餌器官を軟体動物の移動器官とまちがえて,それぞれ腕と足を意味するラテン語brachiumとpodを結びつけてBrachiopodaとしたことに由来する。…

※「Brachiopoda」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Brachiopodaの関連キーワード畑井小虎腕足類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android