コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑井小虎 はたい ことら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑井小虎 はたい-ことら

1909-1977 昭和時代の古生物学者。
畑井新喜司(しんきし)の次男。明治42年7月22日アメリカのペンシルベニア州生まれ。昭和27年東北大教授。腕足類化石,第三紀貝類化石の研究で知られた。のち斎藤報恩会自然史博物館館長。昭和52年9月12日死去。68歳。アメリカン-スクール-イン-ジャパン研究科卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畑井小虎
はたいことら
(1909―1977)

古生物学・地質学者。動物生理学者の畑井新喜司(しんきし)の次男としてアメリカ合衆国ペンシルベニア州で生まれる。1932年(昭和7)東北帝国大学入学時より貝類や腕足類の生物学および古生物学に関する研究論文を多数発表した。なかでも『Cenozoic Brachiopoda from Japan(日本産新生代腕足類化石)』(1940)、『Check List of Japanese Tertiary Marine Mollusca(日本産第三紀海生貝類化石のチェックリスト)』(1952)などの大作が有名である。1951年(昭和26)東北大学助教授、翌年教授となる。地史学講座を担当し、優れた語学力を生かして日本古生物学の発展に活躍、貢献した。1973年退官後、仙台市の斎藤報恩会理事、同会自然史博物館館長として同館の新築・再建を果たした。[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android