コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑井小虎 はたい ことら

2件 の用語解説(畑井小虎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑井小虎 はたい-ことら

1909-1977 昭和時代の古生物学者。
畑井新喜司(しんきし)の次男。明治42年7月22日アメリカペンシルベニア州生まれ。昭和27年東北大教授。腕足類化石,第三紀貝類化石の研究で知られた。のち斎藤報恩会自然史博物館館長。昭和52年9月12日死去。68歳。アメリカン-スクール-イン-ジャパン研究科卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畑井小虎
はたいことら
(1909―1977)

古生物学・地質学者。動物生理学者の畑井新喜司(しんきし)の次男としてアメリカ合衆国ペンシルベニア州で生まれる。1932年(昭和7)東北帝国大学入学時より貝類や腕足類の生物学および古生物学に関する研究論文を多数発表した。なかでも『Cenozoic Brachiopoda from Japan(日本産新生代腕足類化石)』(1940)、『Check List of Japanese Tertiary Marine Mollusca(日本産第三紀海生貝類化石のチェックリスト)』(1952)などの大作が有名である。1951年(昭和26)東北大学助教授、翌年教授となる。地史学講座を担当し、優れた語学力を生かして日本古生物学の発展に活躍、貢献した。1973年退官後、仙台市の斎藤報恩会理事、同会自然史博物館館長として同館の新築・再建を果たした。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畑井小虎の関連キーワード古生物学微古生物学上野益三江口元起遠藤隆次大石三郎津田松苗早坂一郎藤井隆生物学的古生物学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone