Brachytarsina amboinensis(英語表記)Brachytarsinaamboinensis

世界大百科事典内のBrachytarsina amboinensisの言及

【コウモリバエ】より

…クモバエと同じく蛹生(ようせい)で,雌は完全に成熟した幼虫を一度に一匹ずつ生み出し,幼虫は直ちに蛹化する。日本からはコウモリバエBrachytarsina amboinensisおよびカノウコウモリバエB.kannoi,雌が無翅のAscodipteron speiserianumの3種が知られている。【嶌 洪】。…

※「Brachytarsina amboinensis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android