Buphagus

世界大百科事典内のBuphagusの言及

【ムクドリ(椋鳥)】より

…アフリカに分布するマキエテリムク属Lamprotornis(16種),チャバネテリムク属Onycognathus(10種),ゴシキテリムク属Spreo(6種)も金属光沢に富んだ緑色や紫青色の羽毛をもっている。いちばん特殊化したムクドリは,アフリカに分布するウシツツキ属Buphagus(英名oxpecker)の2種で,くちばしは左右に平たく,あしゆびのつめはよく発達し,尾羽はキツツキ類の尾のように固い。つねに小群でサイやシマウマのような大型草食獣,スイギュウ,ウシなどの背の上にとまっていて,獣につくダニを主食としている。…

※「Buphagus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android