CLM

世界大百科事典内のCLMの言及

【石炭】より

…燃料として見れば水は無用のものであるから,これに代わってメタノールを用いたのがCMS(coal‐methanol‐slurry)であり,メタノールは石炭ガス化ガスから合成できる。これら石炭と液体との混合物を総称してCLM(coal‐liquid‐mixture)という呼び方もある。 石炭を有効に利用していくには,とくに日本のようにこれから輸入炭の役割が大きくなっていく場合,生産地(炭鉱)→積地→海上輸送→揚地→消費先という一連のつながりをうまく構成することが重要である。…

【石炭】より

…燃料として見れば水は無用のものであるから,これに代わってメタノールを用いたのがCMS(coal‐methanol‐slurry)であり,メタノールは石炭ガス化ガスから合成できる。これら石炭と液体との混合物を総称してCLM(coal‐liquid‐mixture)という呼び方もある。 石炭を有効に利用していくには,とくに日本のようにこれから輸入炭の役割が大きくなっていく場合,生産地(炭鉱)→積地→海上輸送→揚地→消費先という一連のつながりをうまく構成することが重要である。…

※「CLM」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android