コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CUSP CUSP

翻訳|CUSP

世界大百科事典内のCUSPの言及

【磁気圏】より


[境界面の構造]
 磁気圏境界面は,単なる面ではなく場所によって異なる層状構造をもっている。昼間側正午を中心として9~15時の領域で地磁気緯度76゜~80゜付近を通る磁力線で結ばれているところは,カスプcuspと呼ばれ,磁場が小さく磁気シースプラズマが直接磁気圏内に侵入しうる領域である。このカスプは夜側の尾部に向かって開いた磁力線と低緯度側で閉じる磁力線の境界になっている(図3)。…

※「CUSP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

CUSPの関連キーワードエラシストラトスバイクスパイドイチイ(一位)シャクシガイササノハガイノコギリエイオオハナノミカスピデートセンザンコウシイ(椎)筋一つ葉伊多止利シャード深山曙草シイの実カニグモ白玉星草深山黒菅樫円蚜虫アマズラ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CUSPの関連情報