コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cassytha Cassytha

世界大百科事典内のCassythaの言及

【スナヅル】より

…草質の茎をもったクスノキ科の寄生性つる植物で,世界の熱帯から亜熱帯に広く分布する。とくに海岸に多い。茎は黄緑色,黄褐色または褐色,径1~2mmのひも状で,よく分枝する。小さい吸器を出して木や草に寄生し,もつれたひものように寄主をおおう。吸器を通じて多くの栄養を寄主から得るが,葉緑体をもち,光合成も行う。葉は小さく退化した鱗片状で,茎に疎に互生し,一見,無葉にみえる。花序は長さ2~5cmの穂状で,鱗片葉の葉腋(ようえき)に生じ,数個~十数個の淡黄色の小花をつけ,花序の下方の花から順に開く。…

※「Cassytha」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Cassythaの関連キーワードクスノキ科砂蔓

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android