コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cesti,A. CestiA

世界大百科事典内のCesti,A.の言及

【ベネチア楽派】より

… 1600年前後のベネチア楽派の様式は,ドイツの音楽家プレトリウスHieronymus Praetorius(1560‐1629),A.ガブリエリの弟子ハスラーHans Leo Hassler(1564‐1612),シュッツらによってドイツにも広められた。 ベネチア楽派の呼称は,ときに,17世紀のベネチア・オペラの代表的な作曲家たち(カバリFrancesco Cavalli(1602‐76),チェスティAntonio Cesti(1623‐69)ら),18世紀前半のコンチェルトの代表的な作曲家たち(アルビノーニB.マルチェロビバルディら)に対して用いられることもある。カバリやチェスティらは,晩年のモンテベルディのベネチアの劇場におけるオペラを継承しながらも,オペラが宮廷から劇場に場を変えたことに対応して,劇よりも音楽を重んじる方向に傾いて名歌手を表に出すと同時に,機械じかけを行使して人々の目を楽しませる舞台作りなどにも力を入れることになっていった。…

※「Cesti,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Cesti,A.の関連キーワードオペラ(舞台芸術)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android