コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Claassen,H.H. ClaassenHH

世界大百科事典内のClaassen,H.H.の言及

【希ガス化合物】より

… 1962年カナダのバートレットN.Bartlettは,PtF6を取り扱っているとき得られたO2PtF6にヒントを得て,O2とXeの第一イオン化ポテンシャルの対比から,はじめてXeの化合物ヘキサフルオロ白金酸キセノンXePtF6を得ることに成功した。次いで同年,アメリカのクラーセンH.H.ClaassenらはXeとフッ素との反応から四フッ化キセノンXeF4の合成に成功した。これから希ガス元素の化合物があいついで合成されるようになり,これまでに数多くの化合物がつくられている。…

【キセノン】より

…水和物Xe・5.76H2O(融点23.5℃,分解圧0.1℃で1.15気圧)や,ヒドロキノンとの間にXe・3C6H4(OH)2をつくるが,これらはクラスレート化合物であって,水分子やヒドロキノン分子の水素結合によって生ずる三次元網目構造の中にキセノン原子がとりこまれたもので,原子価結合のある真の化合物ではない。真の化合物としては,1962年カナダのバートレットN.Bartlettにより合成されたヘキサフルオロ白金酸キセノンXePtF6と,同年アメリカのクラーセンH.H.Claassenらにより合成された四フッ化キセノンXeF4が初めである。それ以後,フッ化物および酸化物を中心として,かなりの量の化合物がつくられている。…

※「Claassen,H.H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone