コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キセノン キセノンxenon

翻訳|xenon

7件 の用語解説(キセノンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キセノン
キセノン
xenon

元素記号 Xe ,原子番号 54,原子量 131.29。周期表 18族,希ガス元素の1つ。天然にはキセノン 132のほか8種の同位体が存在する。 W.ラムゼーにより 1898年,液体空気の蒸発残留物中に発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キセノン(xenon)

希ガス元素の一。無色無臭の気体。空気中に微量が存在し、希ガス中でも最も少ない。化学的にきわめて不活性であるが、弗化(ふっか)物など少数の化合物が知られる。記号Xe 原子番号54。原子量131.3。クセノン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

キセノン

元素記号はXe。原子番号54,原子量131.293。融点−111.9℃,沸点−108.1℃。希ガス元素の一つ。無色無臭の気体。空気中0.000009容量%存在。
→関連項目希ガス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

キセノン

 原子番号54,原子量131.29,元素記号Xe,18族(旧0族)の不活性ガスに属する元素.真空管に封入して紫外線の発生装置に使う.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キセノン【xenon】

周期表元素記号=Xe 原子番号=54原子量=131.29±3安定核種存在比 124Xe=0.096%,126Xe=0.090%,128Xe=1.919%,129Xe=26.44%,130Xe=4.08%,131Xe=21.18%,132Xe=26.89%,134Xe=10.4%,136Xe=8.87%融点=-111.9℃ 沸点=-107.1℃気体の密度=5.85g/l(0℃,1気圧)液体の比重=3.52(-109℃)固体の比重=2.7(-140℃)臨界温度=16.538℃ 臨界圧=57.64気圧水に対する溶解度=21.80ml/100ml(0℃),11.09ml/100ml(20℃),8.78ml/100ml(50℃)電子配置=[Kr]4d105s25p6 おもな酸化数=0周期表第0族に属する希ガス元素の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キセノン【xenon】

18 族元素(希ガス)の一。元素記号 Xe  原子番号54。原子量131.3。無色・無臭の気体。大気中に微量存在する。希ガスのうちで最初に化合物がつくられた。キセノン-ランプに利用される。クセノン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キセノン
きせのん
xenon

希ガス元素(貴ガス元素)の一つ。原子番号54、元素記号Xe。1898年、イギリスラムゼーらによる希ガス元素発見の過程において、アルゴンクリプトンネオンに次いで液体空気の分留によって最後に発見された。命名はギリシア語のxenos(異邦人)による。天然には9種の安定同位体が存在し、人工的にも多数の放射性同位体が得られている。工業的には液体酸素から、クリプトン、アセチレンその他の空気中に存在する炭化水素とともに分留され、酸素と爆発する危険のある炭化水素を触媒酸化して除き、クリプトンとともに低温でシリカゲルに吸着させ、さらに活性炭での選択的吸脱着によって最終的にクリプトンと分離して採集する。X線、γ(ガンマ)線、中性中間子の計数管封入ガス、液化キセノン泡箱に用いられるほか、高輝度電球や写真用長寿命ストロボ発光電球の封入ガスとして利用される。無色、無臭で大気中では無害の気体であるが、神経組織の脂質部分に溶解しやすく、高濃度では外科手術の麻酔に利用されることもある。放射性同位体をトレーサーとして生体内脂質代謝機構の研究にも応用される。[岩本振武]

キセノンの化合物

水、キノール、フェノールなどをホストとする包接化合物は、安定な希ガス元素のなかでキセノンがもっとも原子半径が大きいため、キセノンの化合物がもっとも安定である。1962年イギリスのバートレットNeil Bartlett(1932―2008)は、強力な酸化剤である六フッ化白金PtF6をキセノンと反応させて、橙黄(とうこう)色固体のヘキサフルオリド白金(V)酸キセノンXe[PtF6]を合成した。これは強い化学結合をもつ最初の希ガス元素化合物である。続いてアメリカのアルゴンヌ国立研究所のグループが、キセノンとフッ素との直接反応で四フッ化キセノンXeF4の合成に成功し、その後フッ素あるいは酸素原子がキセノンと直接に結合した多くの化合物が合成されている。それらの化合物はいずれも強力な酸化剤である。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キセノンの関連情報