コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Coornhert,D.V. CoornhertDV

世界大百科事典内のCoornhert,D.V.の言及

【オランダ文学】より

…15世紀から16世紀にかけて,各地に都市市民を中心とした〈詩人クラブRederijkerskamer〉が結成され,朗唱・詩作・演劇の実習や演劇コンテストを通じて文学の民主化を促すとともに,笑劇,宗教劇,道徳劇などが盛んに作られた。
[16~18世紀]
 ルネサンスがネーデルラントに波及すると,民族的自覚の高まりとともにオランダ語の純化,統一の気運が起こり,人文主義者としての《処世観》(1586)を書いたアムステルダム出身のコールンヘルトDirck V.Coornhert(1522‐90)は,近代オランダ語散文の創始者の一人とうたわれている。16世紀半ばに始まるスペインの専制支配に抵抗して独立を達成したオランダは,17世紀に入ると,ヨーロッパの最先進国としていわゆる〈黄金時代〉を迎え,学術・文芸が一時に開花して大詩人,劇作家が輩出した。…

※「Coornhert,D.V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone